居抜きオフィス物件検索・掲載サイト【ハイッテ】 > オフィス移転事例紹介 > 縁起のいいオフィスでステップアップを誓う|【移転インタビュー#47】株式会社onepen
縁起のいいオフィスでステップアップを誓う|【移転インタビュー#47】株式会社onepen

縁起のいいオフィスでステップアップを誓う|【移転インタビュー#47】株式会社onepen

公開日:2022.04.28

数々のスタートアップ企業が移転をしてきた渋谷の出世ビルと噂される「渋谷ホームズ」。

シェアオフィスから初の自社オフィスを構えたという同社。代表取締役の來住氏に、移転時のエピソードを伺いました。

株式会社onepen 代表取締役 來住 樹生 氏

株式会社onepen

代表取締役

來住 樹生 氏

<事業内容及びサービス概要について>

月間100万PVを超えるSNSメディアやウェブメディアを運営。事業拡大につきD2C事業にも参入。

オフィス移転前

オフィス移転するきっかけ

大学二年生の時に起業してから、2021年まではメンバーが2〜3名だったのでシェアオフィスにいました。少しずつ売上が上がってきて、社員やメンバーを増員することになったので、広めのオフィスが必要だと考え、移転先のオフィスを探し始めました。

オフィスを移転した2022年は、正社員を10名くらいを目標に増やしていく想定でいます。

物件選定の条件

物件の一番の条件は、渋谷であることでした。渋谷に限定した理由は、人が集まりやすいからです。採用の観点でも、渋谷にオフィスを構えていた方が通勤がしやすく、スタートアップ界隈の友人とも会いやすいので、渋谷にこだわりました。

また、弊社は女性向けのコンテンツを運営しているため女性を採用したく、内装は白基調で清潔感のあるところを条件の一つにしていました。可能であればコスト削減のために居抜きオフィスであることも希望条件に入れていました。

内見は10棟ほどしたと思います。この渋谷ホームズは最後の最後に提案してもらい、一目惚れして即決しました。

オフィス移転時の状況について

このオフィスは、内見時にはまだ前のテナントさんが入居していたので先方の移転時期が決まらず、契約までに少し時間がかかりました。結果として移転のタイミング的には問題なかったのですが、居抜きでのオフィス移転は通常の移転とは少し違うと思います。

また、今オフィスで使っている什器はもらいものが多いです。今回仲介を依頼した櫻井さんの取引先で什器を捨てたいという企業さんがいたので、デスクやイスなどを譲ってもらいました。サイズもちょうどよく、使い勝手の良いデザインで気に入っています。

株式会社onepen オフィス移転時の状況について

居抜きオフィス・事務所移転は通常の移転と異なる点が多く、初めて対応する場合にトラブルになるケースも。

スタートアップ・ベンチャー企業の居抜きオフィス・事務所移転を多数手掛ける株式会社IPPOが、担当者の9割がつまづくトラブル事例をご紹介します。

オフィスを移転した後について

オフィス移転後の変化

移転後の変化は、メンバーが出社するようになったことです。弊社はコミュニケーションを大事にしているので、会議などの大事なシーンは対面でするようにしています。直接顔を合わせた方が想いも伝わり、タイムロスなくスピーディーに物事が進みます。

自分たちだけの一箇所に集まれる場所ができたことは一番の変化だと思います。

オフィスのお気に入りポイント

このオフィスに決めたポイントは、周りに高い建物がないので眺望が良いことでした。天気が良くて雲が少ない日は、窓から富士山が見えます。窓が大きくて電気を付けなくても室内が明るいところも気に入っています。居抜きオフィスなので、前テナントさんの什器をそのまま使えたりするのもコスト削減になってよかったと思います。

また、この渋谷ホームズは数多くのスタートアップ企業が入居し、拡大移転していっている縁起のいいビルだというところもポイントです。ゲン担ぎを結構大事にしており、実際移転してきてから事業成長も順調なので、オフィスのおかげでもあると思っています。

オフィスを構える理由

オフィスの価値

オフィスを構えるか構えないかは、ビジネスモデルや会社の風潮で決まると思っています。

個人的には、ひとりで仕事を進めるよりもみんなで集まって仕事する方が好きです。

また、face to faceで向き合うことで「人情感」がより伝わると思っています。メンバーに対して厳しく指摘する場面があったとしたら、オンラインよりも対面の方が熱量や微妙なニュアンスも伝わってコミュニケーションのミスなく進められると考えます。

リモートワークだとチームワーク感が薄れて、個人プレーになってしまう部分が懸念で上げられることが多いと思います。ベンチャー企業はみんなで伸ばしている感覚が大事なので、対面での働き方を優先していきたいと思っています。

オフィス移転を検討している方へのアドバイス

私は、エリアやそのオフィスに前はどんなテナントさんが入っていたのかを見るようにしています。今のオフィスは出世ビルとして名高く、以前の入居テナントさんも拡大移転していったという経緯もありますし、運気や縁起の良さという部分も考慮してみるといいかもしれません。

株式会社onepen オフィス移転を検討している方へのアドバイス

ハイッテ編集部からの一言

若干21歳という若さで起業された來住氏。事業も順調で事業とともにオフィスもどんどんグレードアップしていきたいとお話くださいました。渋谷は様々なスタートアップ企業が羽ばたいて行ったエリア。最初の一歩、二歩として渋谷エリアを検討してみてはいかがでしょうか。

営業担当者
櫻井 宏之

シニアセールス 櫻井宏之(Sakurai Hiroyuki)

新着物件情報や新着居抜きオフィス情報などの旬な物件情報のキャッチが非常に早く、情報量は社内NO.1。スピード感のある提案と引き出しの多さでリピート率は99%以上を誇る。不動産営業とソリューション営業も兼ね備え、顧客からの信頼も厚い。

オフィス探しや退去サポートはハイッテまでご相談ください

ハイッテ by 株式会社IPPO(イッポ)では、スタートアップ・ベンチャー企業から100坪以上の中堅企業のオフィス移転もおこなっております。

お客様の経営課題や今後の事業戦略、採用計画に最適なレイアウトをご提案し、オフィス移転のサポートをご提案いたします。お気軽にご相談ください。

オフィスに関するご提案をご希望の方はご連絡ください。

    社名(お名前)必須
    担当者名必須
    メールアドレス必須
    電話番号必須
    お問い合わせ内容必須
    弊社担当からの希望の連絡方法
    ハイッテをどこで知りましたか?

    東京で居抜き入居をご検討の方

    内装費用をかけずに入居可能!

    100坪の場合2500万円が最大0円に

    東京で居抜き退去をご検討の方

    原状回復費用をかけずに退去可能!

    100坪の場合1000万円が最大0円に

    ハイッテを使うポイント

    • POINT 01東京で居抜き入居ができる

      東京の居抜きオフィス物件が多数掲載されているだけではなく、非公開の居抜きオフィス提案も受けられる!

    • POINT 02東京で居抜き退去ができる

      東京の現入居オフィス物件情報をハイッテに掲載することで居抜きでの退去が可能!

    • POINT 03自社にあったオフィス
      移転の提案を受けられる

      自社の社員数や働き方、リモートワーク率なども加味した最適なオフィス移転の提案を受けられる!

    ハイッテの居抜きオフィス移転なら、
    移転費用最大0円。期間短縮。
    SDGsに貢献にできる。

    オフィス・事務所の居抜き退去・入居ができる検索・掲載サービスです。
    居抜き退去で原状回復費用を、居抜き入居で内装工事費用を大幅に削減!
    採用戦略や事業運営に応じた、最適な移転提案でスタートアップ・ベンチャー企業の成長をサポートします。

    お役立ち資料

    オフィス・事務所移転を進めるためのスケジュールガイドを無料ダウンロード

    オフィス・事務所移転を進めるためのスケジュールガイドを無料ダウンロード

    居抜きオフィス移転チェックリスト

    居抜きオフィス移転チェックリスト

    解約通知書テンプレートを無料ダウンロード

    解約通知書テンプレートを無料ダウンロード

    居抜きオフィス移転完全マニュアル(ガイド)

    居抜きオフィス移転完全マニュアル(ガイド)

    オフィスプランニングシート【内見・内覧にも使える】

    オフィスプランニングシート【内見・内覧にも使える】

    コスト削減入居シミュレーター
    コスト削減入居シミュレーター