居抜きオフィス物件検索・掲載サイト【ハイッテ】 > オフィス移転事例紹介 > 事業部の垣根を超えたコラボレーションを求めて│株式会社Brave group#78
事業部の垣根を超えたコラボレーションを求めて│株式会社Brave group#78

事業部の垣根を超えたコラボレーションを求めて│株式会社Brave group#78

公開日:2023.05.12

バーチャルIP(知的財産)の総合プロデュースを主軸としながら、esportsなど更なるメタバース領域の開拓を目指し様々な事業を展開する株式会社Brave groupに、何を目的にオフィス移転をするのか、移転後の変化などについて伺い、ご紹介します。

株式会社Brave groupについて

株式会社Brave groupについてご紹介します。

会社概要

株式会社Brave group 会社概要

移転プロジェクトの関係皆様とIPPO担当者 – エントランス

現実世界と仮想空間がボーダレスになりつつあるメタバース時代において新たな価値観を生み出し、世界中の人々の毎日を熱狂させるエンターテイメントにグローバルで挑戦しています。

会社名株式会社Brave group
設立2017年10月11日
代表取締役野口圭登
所在地東京都港区芝4-1-28 PMO田町Ⅲ8階

業界・サービス内容

株式会社Brave groupグループ組織図

グループ組織図 – 株式会社Brave group

株式会社Brave groupは、バーチャルミュージックプロダクション「RIOT MUSIC」や次世代 Virtual eSports プロジェクト「ぶいすぽっ!」といったIP事業をはじめ、自社開発メタバースエンジン「Brave Engine」を活用したプラットフォーム事業など、次世代メタバース領域で従来の枠にとらわれない高品質なサービスを、圧倒的なスピードと創造性で提供しています。

オフィス移転前の状況について

株式会社Brave group 取締役執行役員 舩橋氏 オフィス移転前の状況について

取締役執行役員 舩橋氏

オフィス移転前の状況について紹介します。

悩みや移転のきっかけ(事業部間コラボレーション&非効率な労働環境)

弊社は社員一人ひとりが主体性を持って事業に取り組み、新規事業に挑むカルチャーが根付いていることから、将来性も考えてオフィスを統一したいと思ったのがきっかけです。弊社グループは全8社から構成されており、事業・社員数共に急成長を遂げている中で、以前は2つのビルに分かれて拠点を構え、業務に従事していました。その反面で物理的に分離してしまっていることでグループ全体として事業部間の関係性が希薄となり、コラボレーションが起きにくいことを課題に感じていました。また、管理部門間でも拠点が離れてしまい、行き来に時間を消費してしまう非効率さも悩みの一つでした。

物件選定の条件

主に重視した条件は「拡張性」と「コミュニケーション」です。事業の成長スピードを緩めずに拡大していくためには、拡張性のあるオフィスが必要だと考えています。必要以上の広さのオフィスでは、事業規模に対して賃料の負担が大きくなり、現状にフィットするオフィスであると人員増加した際に移転の必要がすぐに出てきてしまいます。そのため、いかに拡張性があるかを中心に探しましたね。次にコミュニケーションですが、組織が拡大していくと様々なカルチャーを持った方々が集まるようになります。例えば静かな場所で仕事をしたいという人もいれば、ディスカッションしながら仕事をした方が捗るという人もいます。弊社では全て受け入れて共存させようという意味で、用途や働き方に応じてゾーンを明確に分けられるオフィスを条件にして探していました。

オフィスレイアウトが適切でないと生産性やコミュニケーション量が著しく低下することも…
移転の効果を最大限高めるためにも、合理的なレイアウトの考え方を取り入れてみませんか?

オフィス移転時の状況について

株式会社Brave group移転プロジェクトメンバー 石井氏 オフィス移転時の状況について

移転プロジェクトメンバー 石井氏

トラブルなどなく移転を完了することができましたが、スケジュールは少しタイトだったと感じています。今回の移転プロジェクトに携わったメンバーも含め、元々の業務も通常通り進行していく中で移転業務にリソースを割く必要がありました。そうした状況下で、限られた予算も考慮しながらオフィスのパフォーマンスを最適化するにはどうしたらいいかを考えて内装やレイアウトを調整することが難しかったです。

オフィス移転後の変化について

株式会社Brave group移転プロジェクトメンバー 城島氏 オフィス移転後の変化について

移転プロジェクトメンバー 城島氏

新オフィスでは7階と8階の2フロアに分けて構築しました。それぞれのフロアでコンセプトを明確に分離したことで、多様な働き方に対応できるオフィスへと進化できたと思っています。

移転してよかったこと

全体的にとても良くなったと実感しておりますが、主に変化したことは3つあります。

株式会社Brave group会議室
株式会社Brave group会議室
株式会社Brave group会議室
株式会社Brave group会議室

会議室

1つ目は来客対応です。新オフィスでは大小様々な用途で使える会議室を8室用意し、各会議室に異なるバリューカラーを壁一面に表現。カルチャーを体感できる空間になるようこだわり、気兼ねなくお客様を迎えられるようになりました。さらに同じ8階に社長室とコミュニケーションフロアを設置したことで、代表との交流も自然と発生する動線設計が実現できました。

2つ目は業務効率化です。元々2つのビルに分離していたオフィスを統合できたことで、要所での移動時間がなくなり、連携も取りやすいことから円滑に業務が進行するようになったと実感しています。また、7階は黙々と作業ができる執務室として機能しているため、集中力が途切れにくく1人あたりの生産性も向上したと実感しています。

株式会社Brave groupワークスペース
株式会社Brave groupワークスペース
株式会社Brave groupワークスペース
株式会社Brave groupワークスペース

多様な働き方を可能にするワークスペース

3つ目はコミュニケーション機会の創出です。集中できる7階の執務フロアに対し、8階のコミュニケーションフロアは話しかける(かけられる)前提で利用するため、自然と会話が発生しやすく、柔軟な思考が求められる機会や気持ちの切り替えに重宝しています。弊社では雑談から生まれるような面白い発想を大切にしており、思いつくことを全て書き出せる全面ホワイトボードで覆われたスペースを設置しました。ここでは深緑色を取り入れることで、リラックス効果はさる事ながら深い思考を促す効果があると期待しています。

株式会社Brave groupコミュニケーションスペース
株式会社Brave groupコミュニケーションスペース

コミュニケーションスペース

また、カフェスペースやファミレス席、カウンター、集中ブースも設置し、一人ひとりが最も生産性を高められる働き方を選ぶことができる環境を構築しました。以前までは他事業部のメンバーの名前も分からず、活動の大半が見えなかったのが、どのように業務やミーティングを進めているか、見える化できるようになりました。他者の考え方や意見を積極的に取り入れてブラッシュアップしてほしいと考えています。総じてオフィスに求めている目的が達成でき、組織にとって良い効果をもたらすことができたと感じています。

IPPOに依頼してよかったこと

株式会社Brave group会議室 IPPOに依頼してよかったこと

会議室

こちらの要望が素直に伝わるのがすごくやりやすいと感じています。IPPOさんは各方面との調整や交渉に尽力してくれました。そもそも、いい条件の物件が見つからないと移転しない可能性もありました。「拡張性があり比較的綺麗な状態の10階建てほどの中規模ビル」という難しい条件に対して的確な物件を見つけてきてくれたおかげで、今回の移転が無事に実現しました。IPPOさんに依頼して本当に良かったと感じています。

オフィス移転を検討している方に一言

何を成し遂げるためのオフィス移転なのか、移転先オフィスに宿すコンセプトのようなものは何か、事前に定めておくことが大切だと思います。オフィス移転はただ単に働く場所を変えるだけと思いがちですが、様々な副次的効果が期待できます。「オフィス移転をすることで何を実現したいか」を共感・理解してくれる不動産仲介会社や内装業者に依頼することが課題解決の近道ではないでしょうか。

Brave group採用強化中

Brave groupでは、コーポレート職やクリエイター職をはじめ、幅広い職種で採用を強化しています。ご興味をお持ちの方は、下記リンクより求人一覧をご覧ください。

株式会社Brave group 採用情報

株式会社Brave groupの公式オウンドメディア「ぶれすと」

オフィス探しや退去サポートはハイッテまでご相談ください

ハイッテ by 株式会社IPPO(イッポ)では、スタートアップ・ベンチャー企業から100坪以上の中堅企業のオフィス移転もおこなっております。

お客様の経営課題や今後の事業戦略、採用計画に最適なレイアウトをご提案し、オフィス移転のサポートをご提案いたします。

お気軽にご相談ください。

オフィスに関するご提案をご希望の方はご連絡ください。

    社名(お名前)必須
    担当者名必須
    メールアドレス必須
    電話番号必須
    お問い合わせ内容必須

    下記に居抜き退去を希望する物件情報をご入力いただきますとスムーズに居抜き退去のサポートが可能です。
    また、次の移転先の物件提案もご希望の方は、移転リクエスト物件情報に入力していただきますと併せてご提案させていただきます。
    条件が未定の場合はこのまま下記より送信をお願いいたします。

    【居抜き退去希望の物件情報】
    郵便番号
    都道府県
    市区町村
    番地・ビル名以降
    物件に関する補足情報
    【移転リクエスト物件情報】

    次の移転先のご提案もご希望の方は下記ご入力いただきますと居抜き退去のサポートと併せて物件提案をさせていただきます。

    次の移転先の希望条件
    ご移転時期
    使用人数(常駐人数)
    月額賃料ご予算
    会議室の必要数
    最寄駅からの徒歩許容範囲
    ハイッテをどこで知りましたか?
    【その他】
    弊社担当からの希望の連絡方法
    ハイッテをどこで知りましたか?

    編集後記

    「80億の、心をうちぬけ。」をミッションに掲げ、メタバース領域をあらゆる角度から牽引する同社にオフィス移転にまつわるエピソードを伺いました。オフィス移転後、企業イメージを体現するエントランスや会議室デザイン、良質なコミュニケーションを促す工夫を取り入れたことで、業務において効率的なレイアウトでありながら活気を感じるオフィスを実現していました。

    営業担当者
    株式会社IPPO セールス 利根川公紀(Tonegawa Kouki)

    セールス
    利根川公紀(Tonegawa Kouki)

    法政大学卒業後、新卒で大手インテリアメーカーに入社。自身の更なる成長を求め、株式会社IPPO(イッポ)へ参画。入社1年間で年間開拓数100件以上、会社個人目標を大幅プラスで達成する。打ち合わせや商談に縛られず、まずはランチで交流して繋がりを作る「ランチAPO」の社内文化を自ら作り、多くの案件を創出。大手デベロッパーとの500坪のオフィス契約実績あり。

    東京で居抜き入居をご検討の方

    内装費用をかけずに入居可能!

    100坪の場合2500万円が最大0円に

    東京で居抜き退去をご検討の方

    原状回復費用をかけずに退去可能!

    100坪の場合1000万円が最大0円に

    ハイッテを使うポイント

    • POINT 01東京で居抜き入居ができる

      東京の居抜きオフィス物件が多数掲載されているだけではなく、非公開の居抜きオフィス提案も受けられる!

    • POINT 02東京で居抜き退去ができる

      東京の現入居オフィス物件情報をハイッテに掲載することで居抜きでの退去が可能!

    • POINT 03自社にあったオフィス
      移転の提案を受けられる

      自社の社員数や働き方、リモートワーク率なども加味した最適なオフィス移転の提案を受けられる!

    ハイッテの居抜きオフィス移転なら、
    移転費用最大0円。期間短縮。
    SDGsに貢献にできる。

    オフィス・事務所の居抜き退去・入居ができる検索・掲載サービスです。
    居抜き退去で原状回復費用を、居抜き入居で内装工事費用を大幅に削減!
    採用戦略や事業運営に応じた、最適な移転提案でスタートアップ・ベンチャー企業の成長をサポートします。

    お役立ち資料

    オフィス・事務所移転を進めるためのスケジュールガイドを無料ダウンロード

    オフィス・事務所移転を進めるためのスケジュールガイドを無料ダウンロード

    居抜きオフィス移転完全マニュアル(ガイド)

    居抜きオフィス移転完全マニュアル(ガイド)

    居抜きオフィス移転チェックリスト

    居抜きオフィス移転チェックリスト

    オフィスプランニングシート【内見・内覧にも使える】

    オフィスプランニングシート【内見・内覧にも使える】

    解約通知書テンプレートを無料ダウンロード

    解約通知書テンプレートを無料ダウンロード

    コスト削減入居シミュレーター
    コスト削減入居シミュレーター