Member

代表取締役社長関口秀人Sekiguchi Hideto

  • オフィス仲介
  • ワークスタイルコンサルティング
  • 不動産テック
  • メディア運営
  • バックオフィス

座右の銘

impossible is nothing
不可能なんて何もない、やりたいことはできるし可能性は無限大

ハマっていること

家族写真を撮ること

近畿大学卒業後、新卒で不動産仲介会社に入社し、24歳で共同創業者として株式会社クリアビジョンを設立。日本のスタートアップ聡明期のオフィス移転を数多く手がけ、創業から上場までをサポートした後、2018年2月に株式会社IPPOを設立。IPPOでは、企業の調達ステージにあった移転や、新しい働き方に対するオフィス提案などを手がける。

メンバーインタビュー Interview

社名の由来と込められた想いはなんですか?

社名をIPPOにした由来は、一歩(IPPO)踏み出す人達を応援したいという気持ちが込められています。 何事にも新しいことに一歩踏み出す事は不安もあります。そのお客様の踏み出す一歩に近くでお手伝いができたら、応援できたら私自身すごく嬉しいことです。 そして、人と人との繋がりを大事にしていきたいという思いも込められています。 例えば人との出逢いを点に例え、次に違う点(人)に出逢う。その点と点が線で繋がり最後は大きな円になったら素敵ですよね。私の過ごしてきた過去の時間も点に例えると今もなお繋がりを求め未来へ伸び続けているように思えます。 過ごしてきた過去の時間があったからこそ今現在沢山のお客様と良い出逢いができていると思えます。

IPPOを立ち上げた理由は?

前職からスタートアップの支援をしていくうちに色々な考え、思いが自分の中にできてきました。 不動産仲介の仕事はお客様に情報を提供し利益を得る仕事ですが、これからはそれだけではなくサービスという形でより一層お客様に満足のいくものを提供していきたいと思いますし将来は社会に貢献していきたいというのが一番の理由です。

IPPOの強みは何だと思いますか?

会社としての強みは社員一人一人に軸があるところだと思います。それは企業を相手に仕事をする上でとても大事なことだと思っています。軸があるメンバーだからこそお客様に認めてもらいいい仕事ができているのではないでしょうか。 不動産に関していえば、高次元で経営者に還元したいという思いが強いです。サービス以外のことでも積極的に情報を仕入れその情報をメンバー同士で共有しあえているのでお客様にもレベルの高いサービスを提供できているのではないかと思います。 社員の成長も今のIPPOには強みになっているのかもしれないですね。

仕事を継続していく上で一番大切にしていることはどんなことですか?

私生活ではオン、オフをしっかりわけるようにしています。土日は家族と過ごす時間を大切にしています。子供と遊んでいるだけで、気付かされること、教えられること、反省することなど沢山あるんです。すごく楽しい時間です。 仕事で大切にしていることは、仲間の輪を大事にしたいと思っています。苦労もたくさんありますが仕事は楽しくやりたいというのが本音です。メンバーたちには面と向かってはいいませんが、信頼し心から感謝し尊敬しています。私一人で出来ることなんて限られています。このメンバーだからこそアイデアが溢れそれが何倍にもふくらんでいます。そんな姿を最近では頼もしくもあります。これからも仲間の輪を大切に楽しく仕事ができたらという気持ちは変わらないと思います。

これからどんな人材を求めますか?

まずはスタートアップが好きなことが前提ですね。この事業に関わってみたい、自分自身も起業してみたいと思える方にはすごく勉強になる会社だと思います。起業家が生まれる瞬間からみられますからね。 あとは関わった会社と同じ気持ちを持って汗をかける人ですかね。

今後の不動産業界はどの様に変わっていくと思いますか?

不動産業界はこれから大きく変わると思います。オフィスのあり方も在籍者数全員分を確保するという組織がなくなってくると思います。作業するための出社というものがみなおされ、必要最低限の面積、シェアオフィス、ワンタイムオフィスの活用が増えてくると思います。ビルの共用部にスペースを持っての運用代行をする企業が伸びてくるのではないかと考えたりもします。移住に関しても東京にいる必要性がなくなってくるのではないでしょうか。地方に人が動けばPRの上手な地方に人が集中する可能性もありそうですし不動産として都心一括集中のありかたは変わってくるでしょうね。

今後のIPPOの展望を教えていただけますか?

オフィス仲介に関しては、ワンステップ上の不動産仲介のコンサルを目指していきたいと考えています。 企業によって求められるものは違うと思いますが、お客様のご要望を聞き、色々なサービスを組み合わせて提供させていただきたいと思っています。 ご希望に添えるプランをご提案できるようレベルの高いプロの営業を育てていきたいという事がひとつですね。 サービスとしては、居抜き物件の希望が多い中、マッチング率が低い事は今の現状で課題の1つです。だからこそアクションを起こし問題点を解決していきたいです。まだまだやりたいことがいっぱいあります! 将来的には、このIPPOという会社が不動産業界になくてはならないインフラツールを提供していきたいと考えを持ちこれからも楽しく頑張っていきたいです!