ippoLog

ビジネス2020.10.21広報は事件だ

かなり前に、ドワンゴの役員の方とランチをした際に出たフレーズが

あまりに印象的過ぎて、事あるごとに思い出します。

 

「バズる広報って事件だと思うんです。アガサクリスティーが失踪した、ひろゆきさんが失踪した笑、ってもう事件じゃないですか?だからこそバズる。別に失踪する必要は無いんですけどね。笑」

 

確かに、と妙な納得感を感じたのを思い出します。

 

と同時に、思い出す印象的な事件がもう1つ。

 

うどんと言えば香川の讃岐うどん。

 

A「香川出身なんですよね~」

 

B「あぁ、うどんの!」

 

もうテンプレートのやり取りかと。

 

さて、主題は、香川県が実施したPRが“巧かった”という話なのですが、

 

当時、東日本大震災の影響などもあり、

 

また東海地方のイケメン武将PRや何かも落ち着きをみせ、

 

地方発ネタが枯渇してきていた矢先に

 

「県名を変更する」というあまりにもセンセーショナルで、

 

しかも「うどん県」に改名するというありえない

 

(と誰が聞いてもキャッチーなほどの)仕込みで

 

瞬く間にソーシャルで広がり、

 

副知事・要潤の記者発表から3時間後くらいには

 

ヤフートピックスにも掲載されていました。

 

ネタの仕込みや、ストーリーの作り込みもそうなのですが、

 

拡散の仕方が巧かったと感じています。

 

特にtwitter、Facebook上での拡散のあり方は異例だったのではないでしょうか?

 

ノンフィクションさながらの情報として発信され、

 

TWやFBでテキストだけキャッチアップすると

 

「まぢかっ?!」となる。

 

香川県のオフィシャルアカウントから発信された

 

「香川県をうどん県に改名すると副知事が発表」というテキストだけ見ると、

 

(しかも、関係性の深い人がRTしていたりするのを見ると)

 

「えっ!?」とか「ないわ~」とかなりますよね。

 

すると今度は、

 

香川県に縁の深い人たちは、口伝えにその情報を拡げはじめる。

 

軽く、えらいこっちゃのコミュニティがポツポツと出来上がっていく。

 

おもに「テキスト」で拡散される

 

ソーシャルウェブを巧に活かした例だと感じました。

 

また、webでの発表は微妙に遅らせることで、

 

真実味を帯びさせザワザワがピークに達してきたところでネタばらし。

 

「そんなうまいこと行きませんやん」

 

と思われるかもしれませんが、

 

私含め、私の周りもしばらくザワザワしていたのを思い出します。

 

広報は事件だ。

 

 

IPPO中川

Contact

お電話でのお問い合わせ
03-6812-9808