ippoLog

ビジネス2020.10.20オプトインメール

新型コロナ感染症蔓延後、会ったこと無い方からのFB申請、info宛のメール営業の数が

私のところへも激増しています。

 

テレワーク、在宅ワークで3密をさけるようになり

営業活動もオンライン化が進んでいるのでしょう。

 

そんな今、改めて、オプトインとオプトアウトについて

おさらいしておきたいと思います。

 

オプトインメールとはダイレクトeメールの一種で、

 

ユーザーにあらかじめ受信許可するジャンルを登録してもらい、

 

そのジャンルのメール広告のみを送るというサービスのことです。

 

例えば、何かしらのユーザー登録の際に

 

「ダイレクトメールの受け取りを了承する」

 

といった内容の選択肢を用意し、これを能動的に選んで登録した

 

ユーザーにのみダイレクトメールを送付するならば、

 

このメールはオプトインメールとなります。

 

所謂、パーミッションマーケティングの一つですね。

 

オプトインメールの場合、受け手側が承諾を与える時に、

 

自分のプロフィールや興味のある分野などを登録しておけば、

 

送る側にとっては、ターゲットを絞ったマーケティングを行えるため、

 

CPAやCVRを上げることができるというメリットがあり、

 

また受け手側にとっても登録しなければ不要のメールは送られてこないため、

 

無条件に大量配信されるダイレクトメールのように

 

スパムメールとなってしまうこともないというメリットがあります。

 

ちなみに、オプトインメールのオプト(Opt)とは、

 

「選ぶ」「決める」と言う意味の動詞です。

 

なお、ユーザーの事前承諾なしにダイレクトメールを送付することを

 

「オプトアウトメール」と呼びますが、例えば、登録ユーザー全員に送付され、

 

メールの末尾に「以後このメールが必要ない方の連絡先は…」

 

と記載されている場合は、オプトアウトメールにあたります。

 

今後、このオプトアウトメールの数が引き続き激増していくと思われます。

 

 

IPPO中川

Contact

お電話でのお問い合わせ
03-6812-9808