ippoLog

  • TOP
  • ippoLog
  • 大前流とwebサービスがスケールする為のユーザー循環摂理

ビジネス2020.10.19大前流とwebサービスがスケールする為のユーザー循環摂理

日本を代表する経営コンサルタント・大前研一氏

 

氏の著書には僕も結構学びを得ておりまして、

 

特に設立直前後に読んだ”ハイコンセプト”には

 

今尚(今こそ?)タイムリーな説法とヒントが著されておりました。

 

ちなみに”ハイコンセプト”の要点は6点。

 

・機能ではなく、デザイン(デザイン)

 

・議論より、物語(ストーリー)

 

・個より、全体の調和(シンフォニー)

 

・論理より、共感(エモーション)

 

・真面目だけでなく、遊び心(ユーモア)

 

・物より、生きがい(パーパス)

 

外資ですが、ボストンコンサルティング/ドリームインキュベートと並び、

 

日本で一番高額(年間3億円/社)なコンサルタントファーム・マッキンゼーの

 

トップコンサルタントだった大前さんですが、独立後にご自身でもファームを起業し

 

上場もされていると言うことで、

 

『グローバルで成功する経営者になるための条件』というお話を以前伺ったのですが

 

その話は、どちらかと言うと、『経営者(陣)がやるべき事』に近かったように思います。

 

要点としては9個つですが、直ぐに取り組めるものもあるので、

 

実践して行こうと思います。

 

□経営/経営学をきちんと学ぶ

 

これは実務的な話では無く、どちらかと言うとアカデミックな

 

側面も含めて学習・会得するということ。

 

そうすることで、様々な局面で融通が利く。

 

□人材育成・組成

 

内外に教育環境を持つ。

 

また、いかに(自分/自分達と)異なった人を集められるかも重要。

 

□ダイバーシティ

 

上記に紐付いて、年齢・国籍・キャリアについて”振り幅”を持った組成を行う。

 

全て中に置く必要はないが。

 

□人格形成

 

社会性を身に付ける。知識、態度、歴史等も含めて。

 

□ビジネス・ベクトルの見直し

 

2、3年に一度、自身のビジネスが”イグジット”なのか”ライフワーク”なのかレビューする。

 

□初志貫徹/臨機応変のバランス感覚を磨く

 

会社も世間も市場も変わるもの。

 

初志貫徹する面も当然必要だが、サービスやビジネスチャンスへは、

 

臨機応変に向かい合うある種の”謙虚さ”が不可欠。

 

□昔の”私の履歴書”から学ぶ

 

松下幸之助、本田宗一郎など、昔の日経新聞に掲載されていた”私の履歴書”から学ぶ。

 

□異業種、異国の人との交流や情報交換を増やす

 

□最終的にはexecution

 

心理的なセットアップ(行けるなと感じるレベル)が出来れば、

 

後は変に他人の言葉に振り回されたり、ごちゃごちゃと過度に複雑な

 

シミュレーションをせずに実行すること。

 

続いて

 

『1,000万ユーザー以上のネットサービスの創り方・伸ばし方』で、

 

nanapi/mixiから共通見解として興味深い摂理が上がっていました。

 

▽全ての始まりは、初期10,000人のコアユーザー

 

まずはギークやIT界隈のアーリーアダプターにどうしたら使ってもらえるか考える。

 

nanapiの場合だと、初期のハウツーは”ドロップボックスの活用方法”や、

 

“ビジネスに使えるアプリ○選”的なものだった。

 

▽コアユーザーを気持ちよく退場させる

 

スケールさせるには、いかに初期のコアユーザーに気持ち良く

 

退場してもらうかが肝。

 

初期ユーザーが飽きて離れていく段階がスケールするフェーズ。

 

この時は、古参のコアユーザーの意見を聞くべきではない。

 

例えばバーグの「地獄のミサワ」というのがあるが、

 

当ろうが当らまいが”3年間続ける”ということだけ決めてスタート。

 

3年弱コアユーザーの為のものだったが、丁度期限辺りで”マス”になって、

 

古参コアユーザーは飽きて出て行った。(nanapi/古川氏)

 

でもマスに育っていくwebサービスにとっては、これがユーザー遷移の摂理。

 

総括として、ここ3-4回はソシャゲを中心としたサミットとなっていて、

 

次回か次々回には新たな潮流が生まれると思います。

 

それは恐らく”メーカーズ(メイカーズ)”の流れではないかと、

 

自社を”メーカー”としてプレゼンしながら、多くの先輩経営者や投資家と話す中で、

 

感じました。

 

6-7年前のことですが、時折思い出したい内容です。

 

 

IPPO中川

Contact

お電話でのお問い合わせ
03-6812-9808