ippoLog

  • TOP
  • ippoLog
  • ポジショニングマップ

ビジネス2020.10.17ポジショニングマップ

事業や商品の販売戦略を立てたり、

 

CI/VIやweb制作におけるデザインコンセプトの策定時なんかにも、

 

“どこに対象を位置させるか”を決めるのに、

 

ポジショニングマップと呼ばれる2軸のマトリクスを用います。

 

例えばデザインコンセプトを策定すると仮定して、

 

横軸に男性的/女性的、縦軸にカラフル(多色)/単色(シック)

 

といった具合に規定し、競合他社のサイトをマトリクス上に配置し、

 

対象とするサイト(デザイン)をどこに位置させるかを見極める訳です。

 

(リニューアルの際は、現状のポジショニングを示したうえで、

 

リニューアルによりどこに位置させようとしているかを示したりします)

 

商品(やサービス)のポジショニングを策定する際にも

 

同じ手法を用いますが、上記と異なる点として

 

認識しておかなければならないのは、

 

マッピングを行った際、対象商品をプロットするのは、

 

極力”空白領域”であるのが望ましいということです。

 

但し、対象事業において単純な軸でマッピングした際に

 

存在する”空白領域”には注意も必要です。

 

なぜかと言うと、

 

・その領域に顧客がいない

 

・その領域に顧客はいるが、収益性が低かったり、

 

技術的ハードルが高い等の理由で空白領域になっている

 

可能性が高いからです。

 

例えば、牛丼チェーンがあるとして、

 

横軸を安価/高価、縦軸を国産/外国産としたとします。

 

恐らく、”外国産で高価”のセグメントには空白領域が

 

存在すると思いますが、顧客はいない可能性が高いですよね。

 

また、複数のマトリクスを用いてポジショニングを

 

策定するケースもあります。

 

これは、特に飽和状態にある市場で有効な手法です。

 

缶コーヒー市場で例を挙げると、味やデザインのポジショニング

 

マップには市場性のある空白領域が存在し難い状況です。

 

味でいうと、横軸:加糖/無糖、

 

縦軸:ブラック/ミルク感みたいな感じです。

 

なので、人気タレントのCM起用やキャンペーンの多用、

 

インフラ部分で言うと、自販機設置場所の争奪戦により

 

パイを取り合うのが常だったわけです。

 

そうした状況下で『時間』という軸を設定し、

 

市場が存在する(した)空白領域に上手くプロットしたのが、

 

WONDA”モーニング”ショット(アサヒ飲料)でした。

 

最も理想とされるのは、極力戦わずして勝てる状況を

 

創り出すことなわけですから、まずは戦地をどこにするか

 

(ベンチマークをどれにするか)の見極めは、非常に重要な工程ですね。

 

 

IPPO中川

Contact

お電話でのお問い合わせ
03-6812-9808