ippoLog

  • TOP
  • ippoLog
  • 相談や質問の内容と仕方で成長がみえる

ビジネス2020.10.16相談や質問の内容と仕方で成長がみえる

リクルート関連の記事を読んでおりまして、

 

「人の成長は相談や質問の内容と仕方で汲み取る事が出来る」

 

という言葉を思い出しました。

 

社会人となり、ある程度キャリアを積んでくると、

 

その言葉の意味がよくよく理解でき、なるほどなと思う次第です。

 

内容に関してはイメージしやすいと思います。

 

例えば、新入社員の頃は見積りの取り方一つから分からず、

 

上司や先輩から事細かに教わります。

 

しばらくすると、今度は見積り内容における項目について、

 

「本来はこの価格なんだけれど、先にこんな事案があるので

 

恩を売っておきたいのですが」といったようなこともあるでしょうし、

 

バーターでここの商品を使いたいといったような話もあるでしょう。

 

もうしばらくすると、業務提携の話やジョイントベンチャーの件で・・・

 

といった内容になったり、部下のマネジメントや何かにも

 

領域が及んでくるかと思います。

 

これはキャリアや役職に応じて、担当する志事の内容が成長している

 

ことが分かります。

 

志事の内容が成長しているということは、

 

ビジネスパーソンとして成長し、社内外から認められてきていると

 

換言することも出来ようかと思いますが、

 

このビジネススキルにおける成長の部分については、

 

相談や質問の”内容”ではなく”仕方”の部分がドライバーになっています。

 

どういうことかと言うと、

 

何かしらの課題や壁に遭遇した時、ビジネスパーソンとしての成長ドライバーが

 

OFFになっているうちは、相談・質問の仕方は「○○はどうしたら良いですか?」

 

となります。

 

「課題+解答要求」の組み合わせです。

 

反対にONになっている人はと言うと、

 

「○○について、私はこう考えてるんですが、どう思いますか?」

 

「△△について、こう対応した方が良いと思うんですが、進めていいですか?」

 

といったような感じで、

 

「課題+自分なりの答え+助言要求」の組み合わせになります。

 

いわずもがな、この差はとても大きいです。

 

また、きちんと志事をジブンゴト化できているか否かの尺度も、

 

このスイッチのON/OFFからある程度は図れます。

 

ドライバーをONに、ジブンゴト化して成長して行きましょう。

 

 

IPPO中川

Contact

お電話でのお問い合わせ
03-6812-9808