ippoLog

  • TOP
  • ippoLog
  • プロダクト・アウト/マーケット・イン

ビジネス2020.10.12プロダクト・アウト/マーケット・イン

さて、商品やサービスを開発する際の基本的な二つの理論を

 

おさらいしておきましょう。

 

◇プロダクト・アウト

 

プロダクト・オリエンティッドと呼んだりもしますが、

 

作り手の理論を優先させる方法のことです。

 

「作り手がいいと思うものを作る」「作ったものを売る」という考え方で、

 

例えば、appleの開発方針や往年のソニーなんかもこれにあたります。

 

また、クラウドファンディングであったり、

 

本生産前にBTO型の受注方式を取る手法も出てきていますが、

 

販売前に市場から一定の評価を受け取ることのできる、

 

新しいプロダクト・アウトのカタチとも取れます。

 

◇マーケット・イン

 

一方マーケット・インは、入念な調査やデータ、顧客との対話に基づき、

 

顧客ニーズを優先し、顧客視点で商品の企画・開発を行い、

 

提供していく方法です。

 

先のプロダクトアウトの対義語であり、「顧客が望むものを作る」

 

「売れるものだけを作り、提供する」方法を指しています。

 

ここ最近の企業がSNS等自社メディアを活用して、

 

顧客(潜在顧客)と一緒に開発を行う所謂コラボレーションの流れは、

 

旧来のリサーチ型から進化した新しいマーケット・インのカタチだと感じます。

 

この二つの手法については優劣の話ではありません。

 

昔からこの二つは振り子のように一方が支持され・批判されを

 

繰り返してきています。

 

「プロダクト・アウトはもう古い。マーケット・インの時代だ」

 

と言っていたかと思うと、appleの隆盛を受けて

 

「これからはプロダクト・アウトでマーケットを創っていかなければならない。

 

なぜなら消費者自身が何を欲しているか気付いていないのだから」

 

となったりします。

 

身も蓋もありませんが、”勝てば官軍”であることは否めません。

 

ただMJ等のヒット番付に載るような商品やサービスは、

 

どちらかというとプロダクト・アウト型のものが多い様にも思います。

 

 

IPPO中川

Contact

お電話でのお問い合わせ
03-6812-9808