ippoLog

ビジネス2020.10.03知恵の出る公式

岩井虔 著

 

『そう考えると楽ですね―松下幸之助との日々』

 

の一節です。

 

=======

 

松下が、ある営業幹部を指導しながら話した

 

「知恵の出る公式」を紹介したいと思います。

 

「君な、商売は知識でやるもんやないんやで、知恵でやるもんや」

 

「はい、分かります」

 

「では、知恵はどうして出てくるか知ってるか」

 

「・・・・・?」

 

「分からんか君、やっぱり知識は必要やで」

 

「えっ?」

 

「しかし知識だけじゃいかん。知識に熱意、情熱を掛けないかん。

 

それは足し算と違う。掛け算や」

 

「なるほど」

 

「そして、それに経験、実践を加えないかん。それが知恵の出る公式や」

 

「つまり<知恵=知識×熱意+経験>、これが松下幸之助流の

 

知恵の出る公式というわけですね」

 

「まあ、そういうことやな。経験も大事なものや。では、もう一つ聞こうか。

 

君、経験には3つの種類があるが、知っとるか」

 

「さあ、何でしょう。分かりません」

 

「それは、大の経験、中の経験、小の経験というもんや」

 

「そ、それは・・・」

 

「しかし、経験そのものには大も中も小もない」

 

「えっ?」

 

「それは君自身の経験から受けた感受性、感動性が強いか弱いかによって、

 

大の経験にも中の経験にも小の経験にもなるもんや。だから君たちは、

 

すべからく感受性、感動性は、人一倍持つべきや」

 

「はい、よく分かりました」

 

この知恵の公式によく似ているのが、

 

京セラの稲盛和夫さん(現名誉会長)の提唱する

 

「成功の方程式」です。

 

稲盛さんは、人生でも仕事でも、

 

どの程度成功するかという結果には、

 

一つの関係式が成り立つ言われています。

 

それは、

 

<結果=能力×熱意×考え方>という方程式です。

 

しかも稲盛さんは、能力には0から100まで、

 

熱意にも0から100まであるが、

 

考え方にはマイナス100からプラス100まである。

 

だから考え方がマイナスだと、

 

せっかく能力が高く、熱意があっても、

 

それが全部マイナスになってしまうとおっしゃってます。

 

考え方、つまりは心持について、

 

松下幸之助は「素直」ということの重要性を説いた人でした。

 

松下の言う「素直」は、単に人の言うことをそのまま受け取る

 

というようなニュアンスの言葉ではありません。

 

何が正しいのかを考え、どうすれば自他ともの益となるかを問う。

 

つまり、自分の私心や先入観にとらわれないで、

 

物事の本質は何かを考え、それに基づいて判断するというような

 

態度を「素直」と表現したのでした。

 

知識を「知恵」に高めるには、このような心持を意識して実に付けて

 

行こうとすることが必要だと思うのです。

 

=======

 

では本日も知恵を絞ります。

 

 

IPPO中川

 

Contact

お電話でのお問い合わせ
03-6812-9808