ippoLog

  • TOP
  • ippoLog
  • ブルーオーシャンを探して

ビジネス2020.09.28ブルーオーシャンを探して

大好きな経営理論で、定期的に書籍も見直すブルーオーシャン。

 

市場がすっかり出来上がり、

 

競合犇めくレッド・オーシャン。

 

その対局、未開拓の市場「ブルー・オーシャン」

 

今はまだ多くには知られていない市場で

 

それを開拓すれば新たな需要を掘り起こすことが出来ます。

 

ブルー・オーシャンを創造するためには、

 

次の3つの分析手法を用いて分析を行う必要があると言われています。

 

1)戦略キャンパス

 

既存の市場を分析するためのもので、競合他社の競争要因を

 

チャート化し分析するものです。

 

2)4つのアクション

 

買い手に提供する価値を見直すためのもので、これまで

 

業界標準とされてきたもののうち「取り除くべきもの」

 

「減らすべき要素」「増やすべき要素」

 

そして「付け加えるべき要素」について考えます。

 

3)アクション・マトリクス

 

4つのアクションを補うもので、4つのアクションを漏らさず

 

実現する上で有用です。

 

また優れたブルー・オーシャン戦略は

 

「メリハリ」「高い独自性」「訴求力のあるキャッチフレーズ」

 

という3つの特長を持ち合わせています。

 

最も重要なのは、この戦略を策定する際、

 

次の4つの原則に従うということです。

 

■市場の境界を引き直す

 

代替産業に学んだり、業界内の他の戦略グループから

 

学んだりして、既存市場の枠組みにとらわれることなく、

 

ブルー・オーシャンを創造すること。

 

■細かい数字は忘れ、森を見る

 

戦略キャンバスを描き、大局的な見地から戦略を導き出します。

 

■新たな需要を掘り起こす

 

顧客以外の層に目を向けます。

 

■正しい順序で戦略を考える

 

お客様にとっての「効用(価値)」→「価格」→「コスト」

 

→「実現への手立て」という順番で戦略を築いていきます。

 

正直、

 

上の3項はもとい、ブルー・オーシャン戦略は

 

需要を掘り起こせずに、市場にならないままに

 

終わっていくことが殆どだと感じます。

 

結果としてレッドオーシャンになった際、

 

何年前はブルーオーシャンだったけど・・・

 

などと後付されることがしばしばかとも思います。

 

実は、全くのブルー・オーシャンは

 

ともすればレッド・オーシャンより危険だとも思っていて、

 

ブルーが赤く染まりだした頃に

 

スピーディーに参入できる体質や戦略を持っている事が

 

重要だとも思います。 

 

まず、やってみる

スピードスピードスピード

 

意識して今日もPCカタカタさせてます。

 

Contact

お電話でのお問い合わせ
03-6812-9808