ippoLog

デザイン2020.09.03OrderとOfferの違い

特にBtoBのサービスでは、

クライアントから頂戴する仕事には大別して

“オーダー”か“オファー”の2種しかありません。

 

オーダーの仕事は、

クライアント社内でもう細かに色々決定していて、

そのままカタチにしてください。

というもの。

 

なので例えば、オーダーの仕事を受けた際に、

「本来はこうあるべき」、などと

べき論を振りかざしたとしても

 

先方内で散々議論し

上まで通したブリーフなので

煩わしさはあれど、有難みは感じてもらえない事が多い。

 

仮に「ソーシャルメディアを活用する」ということが

要件として定義されているのであれば、

それが手段でなく目的に映ったとしても、

 

「ソーシャルメディアを活用するよりこっちの方が」

 

と、要件をひっくりかえすのではなく、 

 

「ではソーシャルメディアを最大限活かす為には・・・」 

 

と視点を変え、一緒に腹を括った方が結果良い仕事になることが多いように感じます。

 

また、純粋なオーダー業務の場合には、

段取り8割を絵に描いた様に、 いかにスムーズに案件を進行できるかが、肝となります。

 

 一方、オファーの仕事は、 クライアントの方でもモヤモヤして決まり切ってないので、 

モヤモヤの整理も含めて、一緒に解決してほしい。 というもの。

 

 例えば、オファーの仕事を受けた際には、 

 

「いやこの部分をちゃんと詰めて、決めていただかないとできません」 

 

とか言ってみても

クライアントの方でも 決めけれてなくて困ってオファーしてきている訳ですから、

 一緒に考えない限り前に向いて進みません。

 

 オファーの仕事の場合は、とにかくヒアリングを重ね、 カウンセリングを行い、

クライアントと一緒に、 道筋をつくることからスタートします。 

(自社内事案でも同じことが言えますが) 

 

まさに今クライアントからオリエンされている こ

の事案が“オーダー”なのか“オファー”なのか

きちんと見分けられることが重要なことだとおもっています。

 

私達は、とくにオファーをいただくことが多く、このパターンを得意としています。

オファーの場合、決定事項が多く、スピード感を持って定義していかなければなりません。

 

 

IPPO中川

Contact

お電話でのお問い合わせ
03-6812-9808