ippoLog

ビジネス2020.08.14価値の4階層

製品価値を分析する場合の4つの階層と聞いて、

 

ピンときますでしょうか?

 

答えを言ってしまうと、以下の4つがそれにあたります。

 

1)基本価値

 

製品の基本的な品質や機能

 

2)便宜価値

 

使用や消費の際の便宜性

 

3)感覚価値

 

デザインの魅力や使用の楽しさなど

 

4)観念価値

 

製品コンセプトやブランド

 

例えば車でいうと、移動手段としての機能が基本価値であり、

 

燃費の良さや操作性、手に入りやすさが便宜価値となり、

 

感覚価値にはデザインの美しさや乗り心地などが含まれ、

 

観念価値には製品開発ストーリーやブランドの強さが入ります。

 

マーケッターは当該製品がどの価値階層に該当するかという

 

選定を行ったり、どの価値階層にポジショニングさせるかといった

 

価値階層デザインを行うことも重要な職務の一つです。

 

他社を寄せ付けない突出した価値を提供できれば、

 

消費者の選択の強力なドライバーとなるわけですね。

 

さて、ピンククラウンはどの価値階層に該当するでしょうか?

 

 

IPPO中川

Contact

お電話でのお問い合わせ
03-6812-9808