ippoLog

デザイン2020.08.05バージョン管理

■バージョン管理とは??

 

バージョン管理とは、あるプロジェクトのソースコードを変更したら、変更分を保存してくれる便利なシステムです。

 

毎回変更のたびにバージョンを管理しておくことで、クライアントの「やっぱり前のに戻して」みたいな鬼畜要望に対しても即座に対応可能ですし、「Aのコードを残したまま改良してA’を作りたい」といった要望にも柔軟に対応できます。

 

バージョン管理を導入していない場合は、個人個人のローカルフォルダで「○○プロジェクト2」みたいに名前をつけて管理していたかもしれませんが、後々なんのことかわからなくなりますし、複数人で行うプロジェクトだと「最新版は誰がもっていてどこにあるの?」といった問題が浮上します。

 

そこを効率良くするのがバージョン管理です。

「バージョン管理」といった一言だけ聞くとカンタンそうですが、その業界は一定のお作法があるらしく、導入時にちょっと勉強というか事前知識つめこみが必要です。

 

でも一回覚えちゃえばあとはとっても効率よくなります。

 

■どういうサービスなの??

 

マック派では、「GitHub」(読み:ギットハブ)というサービスが引き続き主流です。

このシステムは、「分散型」という種類のバージョン管理になり、サーバー(このサービスのサイト)で、マスターのプロジェクトを管理します。

 

しかし、それぞれ作業者のローカルでもバージョンを管理できるので、複数での開発の場合、まずは個人レベルの修正はローカルで管理し、プロジェクト全体の進行にかかわる変更を行った場合はサーバーにアップロードするといった具合に、個人的なバージョンと、全体的なバージョンを分けて管理できるので非常に便利らしいです。

 

■で、どうしたいの??

 

GitHubはソースコードのソーシャルみたいなもので、無料プランだと誰でも自分のコードや人のコードを見れます。

 

クライアントワークの時は困りますね。

 

そこで自分のコードをプライベート(不特定多数が見れないように)に設定するのですが、GitHubの場合は有料となります。

 

ネット上に転がっている情報が豊富なので、バージョン管理でぐぐると、GitHub使ってればとりあえずモテる!くらい洗脳されかねない勢いです。

 

ですから、ドキュメントが豊富な点ではGitHubの使用が間違いないと思っております。(GitHubのメインキャラの、タコみたいな猫もかわいいですよ!)

 

■「GitHub」か「Bitbucket」か??

 

両者どっちを使ってみたいかということになりますが、無料でできるBitbucketは素晴らしいです。

 

素晴らしいのですが、ちょっとわかりづらい&日本語のドキュメントが少ないといった点が難点ですね…

 

実際にGithubもBitbucketも登録して試してみた結果です。

 

GitHubはUI的にもわかりやすかった&ドキュメントが豊富です。

 

 

IPPO中川

Contact

お電話でのお問い合わせ
03-6812-9808