ippoLog

デザイン2020.07.17顧客区分

顧客区分

 

基本のキですが、顧客区分はしっかり頭に入れて

おさえておきたいものです。

 

よく事案の中でも、

 

「ターゲットはF1前半で・・・」といったような

 

やり取りを行うかと思います。

 

このF1~3、M1~3、はたまたCやT層というのは、

 

TVの視聴率を検討する為の、

 

いわばメディアマーケティングの用語として

 

用いられ始め、今では一般的なマーケティング上の

 

ターゲット層を解釈する用語として広く活用されています。

 

アルファベットは

 

C=Child、T=Teenager、F=Female、M=Male

 

をそれぞれ意味します。

 

良く、ヒットの背景としてF1層での先行したブレイクが

 

取り上げられることもあり、

 

特に化粧品や洋服、モバイル等のジャンルでは、

 

猫も杓子もF1層をターゲットに据えてきます。

 

この『F1層』の理解についてですが、

 

「20代前半の女性」を指す言葉として誤認しているケースが

 

非常に多いのですが、

 

正確には、「20歳から34歳の女性」を意味します。

 

ただし最近では、20歳から34歳の幅が広すぎるため、

 

F1層の中でも趣味や嗜好、ライフスタイルに差が

 

生じていることから、F1前半/中盤/後半と

 

区切った上で、さらに居住地や職業、

 

既婚・未婚に接触頻度の高い媒体等を掛け合わせ

 

セグメンテーションとペルソナ(より具体的なターゲットモデル)

 

の開発を行うのが定石となっています。

 

ちなみに、各層のは以下の通り。

正確に認識しておきましょう。

 

□C層 4-12歳の男女

□T層 13-19歳の男女

□F1層 20-34歳の女性

□F2層 35-49歳の女性

□F3層 50歳以上の女性

□M1層 20-34歳の男性

□M2層 35-49歳の男性

□M3層 50歳以上の男性

 

 

IPPO中川

Contact

お電話でのお問い合わせ
03-6812-9808