ippoLog

  • TOP
  • ippoLog
  • リモートワークで注意したいこと〜身体編〜

Just a thought2020.04.20リモートワークで注意したいこと〜身体編〜

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言により外出自粛要請を受け、多くの企業が在宅勤務などの措置を取っています。

普段からリモートや在宅勤務が多い方は慣れているかもしれませんが、今回初めて在宅勤務をした人の中には
体の異変を感じている方もいるのではないでしょうか?

在宅勤務によって朝電車などに乗ってオフィスに行かなくなり、会社の人と顔を合わせる事もなく、
お腹が空いたらご飯やおやつを食べ、キリの良いところで仕事を終わらせる。

こんな感じの働き方になっていませんか?

ストレスを感じる事もなく、自分のペースで仕事ができてとても良い感じがしますが、
実は体に悪影響を及ぼす可能性がある行動ばかりなのです。


〜朝〜

通勤時間が無くなったことで朝起きる時間は遅くなりがちです。

また、スーツに着替えたり身支度をする必要が無くなった人もいるでしょう。

 

朝は仕事を始めるスイッチを入れる時間としてとても大事な時間です。

今までの生活リズムを崩さないためにも、可能であれば今までと同じ時間に起るのがおすすめです。

そしてカーテンを開けて日光を浴びましょう。

日光を浴びると「セロトニン」というホルモンが分泌され、体内時計を調整し、鬱の予防にもなります。

時間に余裕がある人はジョギングなどの運動をするのも良いですね。

 

朝食をゆっくり食べて、パジャマから外行きの服に着替えたり、軽くメイクをしてからデスクに行きましょう。

パジャマなどの緩い服装は、楽ではありますが緊張感がなくなり、ダラダラと仕事をしがちになります。

適度な緊張感を持つことで仕事のミスが少なくなるとも言われています。

 

身嗜みを整えなくなる→緊張感がなくなる→物事が適当になる→考え方にまとまりがなくなる→判断力や意志力が低下する…。
負のスパイラルの完成です。

オフィスに行く時に当たり前のように行っていた「身嗜みを整える」という習慣は、仕事のパフォーマンスを上げる方法の一つだったのです。

スラックスにジャケット……とはいかなくても、web会議でも身なりが整っている方が良い印象を持ってもらえるので、
自宅勤務でも誰かに見られていると思って業務に取り掛かりましょう。

 

〜昼〜

長い時間座り続けると圧迫による痔や血行不良を招きます。

業務の合間に換気と日光を浴びるために椅子から立ち上がり窓を開けましょう。

このちょっとした動きが血行不良を防ぎ、換気によるリフレッシュ効果をもたらします。

日光は体内時計を整えるだけでなく、ビタミンDを生成してくれます。

ビタミンDが不足すると、筋肉や骨が弱くなり、イライラしたり骨粗しょう症になりやすくなるので、
運動不足になりがちな在宅勤務中は積極的に日光を浴びるようにしましょう。

雨が降っている日こそ窓を開けてみてください。

雨の音は脳をリラックスさせ、集中しやすい状態に保つ高周波が含まれています。

 

集中するとついつい忘れがちな水分補給。

水分を取ることで排泄を促し、便秘予防になります。また、喉や肌の保湿効果も得られます。

積極的に水分補給をするようにしましょう。

 

ランチもとても大事なリフレッシュタイム。

コンビニやテイクアウトメニューを買いに行って体を動かしたり、ご飯を作ることで頭をリセットする効果も。

ダイエット中の人は自分の体に合わせたメニューにしたり、デリバリーサービスを利用するのもちょっとした楽しみになって良いですね。

Web会議ツールなどを使い、会社のメンバーや友達とオンラインで会話しながら食べるのも楽しいし、ストレス発散になるのでおすすめです。

 

ランチタイムはなるべく毎日同じ時間に取るようにしましょう。

同じ時間に同じことをすることで体内時計を整えることができます。

食後に眠くなりやすい人はアーモンドなどのナッツ類を食べて眠気に繋がる血糖値の上昇を抑制しましょう。

グリコ化学研究所による「食後の血糖値上昇を抑える アーモンド」https://jp.glico.com/laboratory/almond/02.html

血糖値の乱降下は自律神経失調症やうつ病を引き起こしやすいので、日頃から注意しましょう

 

〜午後〜

仕事モードに切り替えてもう一踏ん張り。

そして肩や腰が痛くなる頃でもあり、この痛みでちょっとオフィスが恋しくなります。

 

慣れていたオフィスの机と椅子ではないので、パソコンやモニターを見る角度が変わっている人も多いでしょう。

それにより姿勢が崩れ、肩こりや腰痛になりがちです。

ストレッチなどでコリがほぐれない人は、パソコンの位置を高くして猫背にならないようにしましょう。

会社の許可が出るなら使い慣れた椅子を自宅に送って使うのもあり。

仕事用の机と椅子がない人はこれを機にIKEAなどで購入するのも良いかもしれません。

 

コーヒーや紅茶などで水分補給しながらリフレッシュするのも大事な時間。

気分が乗らない時は好きな音楽を聴いてテンションを上げたり、日光浴や換気も忘れずに。

 

◯時に仕事を終わらせると目標を立てて取り組みましょう。

タイムスケジュールを決めることでダラダラと仕事することを防げます。

タスクを終わらせて習い事や趣味など仕事以外のことに頭を切り替えることは、
自律神経を整えたり、ストレスを抑制できるのでとても大事なことです。

朝に入れた始まりのスイッチは仕事終わりのスイッチでちゃんと切るようにしましょう。

 

今は慣れない在宅勤務もそのうち慣れてきます。

慣れてからもダラダラしていたり、体に不調があると、出社可能な日常生活に戻った時に生活リズムを取り戻すのが大変になります。

また、うつ病や自律神経失調症になってしまったら日常生活にも影響を及ぼします。

 

この先、オフィスに出勤する生活が当たり前になるか、リモートワークが当たり前になるかはまだ分かりませんが、
普段から規則正しい生活と十分な休息を取り、常に最高のパフォーマンスで取り組めるように心がけましょう。

 

IPPO Office Administrator おおの

Contact

お電話でのお問い合わせ
03-6812-9808