ippoLog

ビジネス2019.09.09拙速と巧遅

拙速とは、出来はよくないが、仕事は早いこと

巧遅とは、出来ばえはすぐれているが、仕上がりまでの時間がかかること。

 

ビジネスの現場においては、往々にして、巧遅よりも拙速が好まれ

思考のスピード、行動のスピード、情報共有のスピード、などなど

スピードが求められるシーンばかりだと思います。

 

実際、色々な企業の社訓や経営理念にも、スピードに関する記載が散見されます。

 

ダイキン工業株式会社

世界に誇る「フラット&スピード」の人と組織の運営
1)参画し、納得し、実行する
2)チャレンジャーこそ多くのチャンスをつかむ
3)多彩な人材を糾合し、個人の力をチームの力に

出典:https://www.daikin.co.jp/corporate/overview/philosophy/

 

楽天株式会社

スピード!!スピード!!スピード!!
重要なのは他社が1年かかることを1ヶ月でやり遂げるスピード。
勝負はこの2~3年で分かれる。

出典:https://corp.rakuten.co.jp/about/philosophy/principle/

 

株式会社ビズリーチ

マッハGO!GO!
ベンチャー企業はスピードが命。
誰もが驚くような圧倒的なスピードを追求していこう。
走りながら考え、考えながら走り、どんどん改善を加えていくこと。
このプロセスを誰よりも早く繰り返していくことで、世の中の期待を超える最高のサービスが生まれる。
迷ったときはまずは行動、GO!GO!精神でいこう。

出典;https://www.bizreach.co.jp/corporate_info/principles/

 

KDDI株式会社

第4章 行動の原則

スピード感をもって決断し行動する

出典:https://www.kddi.com/corporate/kddi/philosophy/

 

双日株式会社

1.確かな信頼を築く。
2.将来を見据え、創意工夫する。
3.スピードを追求する。
4.リスクを見極め、挑戦する。
5.強固な意志でやり遂げる。

出典:https://www.sojitz.com/jp/corporate/philosophy/

 

株式会社セプテーニ・ホールディングス

行動規範 「Septeni Way」

Speed
巧遅(こうち)より拙速(せっそく)。
私たちは、「速さ」を優先し、トライアル&エラーを繰り返すことで、
より高い完成度を目指します。

出典:https://www.septeni-holdings.co.jp/company/philosophy.html

 

もはや列挙しだすとキリが無いのですが

中国春秋時代の兵法書である「孫子」に

 

故に兵は拙速を聞く、未だ功の久しきを覩(み)ざるなり

意訳:作戦を練るのに時間をかけるよりも

少々まずい作戦でもすばやく行動して勝利を得ることが大切である。

 

という記載があったと勝手に解釈され

「兵は拙速を尊ぶ」という格言があると言い伝えられるくらい

スピードの重要性が説かれています。

 

※「孫子」には実際には、スピードが大事で正義

という意味の記載はないと言われています。笑

 

また、スピード重視、はプロダクトを作る上でも重要になっており

まず70%くらいのクオリティでもリリースしてしまって

フィードバックをもらいながら高速でPDCAを回しながら

100%に近づけていくほうが

100%のものができてからリリースするよりも

結果的に何倍もいいものになることがしばしばです。

 

 

ただ、最近、意思決定の場面に於いて

巧遅、とまではいかないまでも

充分に議論し尽くしてから決定すべきだったな

というシーンに以前より出くわすようになりました。

 

もちろん、高速で議論しつくして高速で意思決定することに越したことはないのですが

20代のときのようにどんな場面、どんな意思決定でも

とにかく3分以上悩まない、みたいな意識だけでは

当然ながら上手くいかないことも増えてくるな、と。

 

意思決定する内容によりけり、だとは思うのですが

特に人の問題であったり事業の方向性を決定づける内容に関しては

拙速の意識が強すぎるよりは、巧遅でもいいんだ、くらいの心持ちのほうが

うまくいくように感じます。

 

このような内容に関しては

アマゾンの意思決定システムが話題になっていましたが

 

意思決定方法を2つに分類し

後戻りできるものと、できないものに分け

後戻りできるものに関しては失敗する可能性も織り込みつつ

権限移譲しながらどんどん決定し

後戻りできないものは深く議論するという方針を

アマゾンでは取っているようです。

 

小さな意思決定は現場のメンバーに任せ

大事な意思決定のみ自分もコミットし深く議論してから決定する

とすることでリスクヘッジをしつつもスピード感ある意思決定を実現しています。

 

弊社IPPOも、ただのオフィス仲介エージェンシーから

テクノロジーの力を使いオフィス移転業務へ革命的なことを起こすべく

脱皮している最中です。

 

高速な意思決定、高速な施策実施、高速な失敗体験と成功体験を積む

ということが求められている中で

後戻りできない意思決定はどれにあたるのか正確に見極め

臨機応変に対応していきたいと思いました。

 

 

IPPO中川

Contact

お電話でのお問い合わせ
03-6812-9808